J-START(ジェイ・スタート)は厚生労働省が立ち上げた国家的プロジェクトです。厚生労働科学研究委託費 革新的がん医療実用化研究事業 乳がん検診における超音波検査の有効性検証に関する研究
お問い合わせ

*追跡調査について
*その他お問い合わせ

メールでお問い合わせ

携帯電話・スマートフォンで
ご覧になるには
QRコードを読み取って
アクセスしてください。

QRコード

サポートメール
j-start@surg.med.tohoku.ac.jp

※尚、Internet Explorer以外のブラウザをご利用の場合(Mozilla Firefox、Google Chrome、Safariなど)、お手数ですがアドレスをコピーのうえ、メーラーにペーストしてお送りください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

40歳になったら乳がん検診適齢期J-START(ジェイ・スタート)とは、40代女性の乳がん検診において、マンモグラフィ検査と超音波検査の併用が、有効かどうかを検証する比較試験です。

市区町村担当者のみなさまへ 「住民票の確認および除票の写しの交付」について


福島県沖を震源とする地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます

令和3年2月13日に福島県、宮城県を中心とする東北地方で発生した地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧を果たされることをお祈りすると同時に、被害に遭われた皆さまが平穏な日々を取り戻せるよう、お祈り申し上げます。

2021.02.16

電話・メールアドレスを活用した健康状態に関するアンケート実施について

株式会社iDENサービスでは「東北大学 J-START」からの委託を受けて、「東北大学 J-START 乳がん検診研究参加者に関するコールセンター業務」を実施しております。

業務委託の対象者
「東北大学 J-START」にご協力いただいた方で、J-START事務局よりお送りした「アンケート」のご返送をいただいてない参加者の方です。

業務委託の目的
お届けのありました電話番号・メールアドレスに連絡をさせていただき、検診に参加された日から現在までの健康状態についてお伺いしております(新たに乳がんが見つかった場合、医療機関名などの情報提供をお願いしております)。
該当の方へは、当社から 電話番号:0800-6002-595(コールバック時フリーダイヤルとなります)よりお電話させて頂きます。
この度、お電話がつながらない、郵送物が当方へ返却される参加者の方へ、お届けのあるメールアドレスへご確認頂きたい内容をメールにて送信させて頂きます。
メールアドレスは、j-start@iden.services です。メールの表記は、「J-START乳がん検診研究」です。

個人情報の保護について
業務代行にあたり、東北大学と当社(株式会社iDENサービス)は、個人情報保護に関する契約を締結し、対象者の皆さまのプライバシーの保護に細心の注意を払っております。また、当社(株式会社iDENサービス)は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークの認定を受けており、個人情報の保護に関する厳しい審査基準をクリアした業務運用ルールに基づき、プライバシーの保護に努めております。

倫理配慮について
本電話調査に関し、東北大学の倫理委員会の承認を得ております。

業務委託の代行期間
令和3年2月1日~令和3年3月31日まで

2021.02.03

2020年11月に発送したアンケート調査に対する謝礼発送を開始いたします

2020年11月発送のアンケート調査へ郵送またはお電話でご回答いただきました参加者の皆様へ、1月末より順次謝礼発送を開始いたします。ご返信いただいた時期によっては、お手元に届くまでお時間を頂戴いたしますことをご了承ください。

2020.1.15

コールセンター年末年始休業のお知らせ

J-STARTコールセンターは、2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)までを年末年始休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

2020.12.7

宛先不明で返ってきた謝礼品について

参加者様より、郵送またはお電話でご回答をいただいたアンケート調査結果は、随時、集計、データ入力等を経て、謝礼品を発送しておりますが、お送りした謝礼品が一部「宛先不明」として返ってきております。住所変更のご連絡がお済でないなどの理由で、お手元に謝礼品が届いていない参加者様には、再送の手配をいたしますので、お手数ではございますが、コールセンターまでご一報いただけますとさいわいです。
●J-STARTコールセンター:0800-6005-411

2017.10.10

ショート版アンケート調査に関するご協力のお願い

本研究班では、平成19年~平成22年に参加登録をしていただいたみなさまに、平成25年度から2年に1度のペースで、郵送による健康に関するアンケート調査を実施してまいりましたが、令和元年度から、4年に1度のペースで実施することになりました。
この度は、平成20年に参加登録をしていただいた方と、登録年にかかわらずしばらくご連絡が取れていない方を対象に、11月中旬から順次アンケートを送付いたします。アンケートにご回答の後、同封の返信用封筒(切手不要)にて郵便ポストへ投函してください(ご協力いただいた方には、謝礼として300円相当のQUOカードをお送りいたします)。ご返送が確認できない場合には、J-START専用コールセンター(通話無料のフリーダイヤル:0800-6005-411)よりご連絡する場合がございますので、ご回答をお願いいたします。
また、現住所が変わっている場合には、お手数ですが、コールセンター宛にお知らせいただけますとさいわいです。すでに転居や送付物停止等のご連絡をいただいている参加者の皆様には、いただいた情報を元に手続きを進めておりますが、行き違いで旧住所への送付があった場合には、ご容赦いただきたく、お願い申し上げます。
ご不明な点などございましたら、コールセンターまたは研究班のメールアドレスまでご連絡くださいませ。
●J-STARTコールセンター:0800-6005-411【折り返しの発信番号は0800-6002-595】
(フリーダイヤル:PHS、携帯電話からも通話料無料)
 委託先:㈱iDENサービス(福島県いわき市、秋田県秋田市)
●研究に関するお問い合わせ:j-start@surg.med.tohoku.ac.jp

2020.11.11

「令和2年7月豪雨」により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます

令和2年7月豪雨により亡くなられた方々やご家族の皆さまに謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く復旧を果たされることをお祈りすると同時に、被害に遭われた皆さまが平穏な日々を取り戻せるよう、お祈り申し上げます。

2020.7.14

がん登録情報を利用して、研究に参加してくださった方のがん罹患を把握します

本研究班では「がん登録等の推進に関する法律(平成25年法律第111号)」に基づき、がん登録情報を利用したいと考えております。同法に規定する、調査研究を行う者が講ずる同意代替措置に関する指針(厚生労働省告示第471号)に基づき以下の(1)~(6)について情報を公開いたします。本件に関してご不明な点がありましたら、(5)に記載されている連絡先にご連絡ください。
(1)調査研究対象者の範囲、調査研究の目的、がん登録情報等の提供を受けることその他の調査研究の概要に関すること
・研究対象者の範囲
平成19年度から平成23年度までの間に「乳がん検診における超音波検査の有効性を検証するための比較試験(J-START)」に参加登録して頂いた76,196名のうち、同意を撤回した方をのぞいたおよそ7万6千名です。
・調査研究の目的
現在、乳がん検診は、国の指針ではマンモグラフィ検査(乳房エックス線検査)が基本とされています。超音波を使った診断方法も開発されていますが、有効性及び利益・不利益については確かめられていません。本研究は、マンモグラフィ検査に超音波を併用する検診と、併用しない検診を実施して、両群の間で、検診の精度(確かさ)、利益・不利益及び有効性を明らかにし、死亡率減少効果の科学的根拠を示すことを目的としています。
・がん登録情報等の提供を受けることについて
「全国がん登録」とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する新しい仕組みで、平成28年(2016)年1月にスタートしました。この制度では、居住地域にかかわらず全国どこの医療機関で診断を受けても、がんと診断された人のデータは都道府県に設置された「がん登録室」を通じて集められ、国のデータベースで一元管理されています。詳しくは、ちらし『「全国がん登録」をご存じですか』をご覧ください。
(https://ganjoho.jp/data/public/qa_links/card/reg_chirashi.pdf)

(2) がん登録情報等の利用目的
がん登録情報から得られるデータと、本研究班の調査で得られたがん罹患情報を匿名化した集団として解析し、乳がん症例の進行度を把握することを目的としており、そのためには、研究に参加してくださった方々の健康状態を把握する必要があります。研究にご参加いただくときに、健康状態を把握するため、がん登録情報の入手が必要であることについてご説明させていただき、研究にご協力いただいています。
(http://www.j-start.org/01_entry/method/index.html#T02)

(3)がん登録情報等に係る個人情報の取扱いに関すること
研究参加者の皆様からお預かりした個人情報は、研究全体の情報管理である標準作業手順書にしたがって厳重に扱われています。これに加えて「がん登録等の推進に関する法律」及び関連法令に従って、がんの罹患又はその診療情報に関する秘密の漏えい防止及びその他の情報の適切な管理のために必要な措置を講じて管理します。なお、がん登録情報は「全国がん登録利用者の安全管理措置」を遵守することを条件に提供されます。

(4)施行日後に改めて本人同意を得ることができない理由及び指針の概要
「がん登録等の推進に関する法律」では、がん登録情報の利用には、がんに罹患した方からの同意を必要としていますが、改めて同意を得ることが難しい場合には、ホームページ等で必要な情報を公開することとされております。

「調査研究を行う者が 講ずる同意代替措置に関する指針」(平成27年12月厚生労働省告示第471号)概要
次の(1)(2)のいずれかに該当する場合、 同意は必要としない(法附則第 2 条)。
⇒替わりに、同意代替措置(※)を講ずる。該当しない場合は、同意の再取得が必要。
(1)施行日前からがんに係る調査研究の対象とされている者が5000 人以上の場合
(2)がんに係る調査研究を行う者が次のイ又はロに掲げる事情があることにより同意を得ることががんに係る調査研究の円滑な遂行に支障を及ぼすことについての厚生労働大臣の認定を受けた場合
⇒認定を受けようとする際は、所定の申請書で厚生労働大臣に申し出る。
イ 施行日前からがんに係る調査研究の対象とされている者と連絡を取ることが困難であること。
ロ がんに係る調査研究の対象とされている者の同意を得ることががんに係る調査研究の結果に影響を与えること。
※同意代替措置とは
1.調査研究対象者を追跡し、(何らかの方法で)調査研究対象者に係るがんに係る情報を取得することについて、インフォームド・コンセントの取得等を実施済みであること
2.調査研究を行う者が全国がん登録情報等の提供を受けることについての情報公開等の措置
一 適切な情報公開(ホームページ等に十分な期間、以下を掲載)
 (1)調査研究の概要(調査研究対象者の範囲、調査研究の目的を含む)
 (2)全国がん登録情報等の利用目的
 (3)全国がん登録情報等に係る個人情報の取扱い
 (4)同意の再取得ができなかった理由及び本指針の概要
二 全国がん登録情報等の提供を拒否できる機会の保障(ホームページ等に十分な期間、以下を掲載)
 (1)迅速に対応できる事務局の連絡先
 (2)拒否によって調査研究対象者が不利益な取扱いを受けない旨

皆様が研究に参加してくださった時点では、「全国がん登録」という仕組みは存在していなかったため、この仕組みを利用してがん罹患を把握することを皆様にご説明し、同意をいただくことはできませんでした。本来、研究に参加してくださっている方おひとりおひとりにがん登録情報等を利用して健康状態を把握することをご説明して同意をいただくべきですが、研究参加者が7 万人を超えており、お一人お一人から同意をいただくことは大変難しいため、本ホームページにおいて、がん登録情報等を利用することについてお知らせするという方法をとらせていただきます。

(5)迅速に対応できる事務局の連絡先
ご自身に関わるがん登録情報を用いられることに同意しない方は、下記までご連絡ください。
また、本研究全般に関するご質問、本研究におけるがん登録情報の利用に関するご質問、個人情報の取扱いに関するご質問も、下記までお問合せください。

研究代表者 東北大学大学院医学系研究科客員教授・東北大学名誉教授 大内 憲明
〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1東北大学病院臨床研究推進センター5S05
J-START研究班事務局 E-mail:j-start@surg.med.tohoku.ac.jp
■全国がん登録情報を用いられることに同意しない方はこちら

(6)がん登録情報が当該がんに係る調査研究に利用されることを拒否することによって調査研究対象者等が不利益な取扱いを受けないこと
同意の有無によって受ける不利益は何もございません。同意については、研究参加者である皆様の自由意思によるものです。

2020.07.09